現在不調のモラタについて語る、現スペイン代表監督ビセンテ・デル・ボスケ - ユベントスブログ -The Strongest Juve-

現在不調のモラタについて語る、現スペイン代表監督ビセンテ・デル・ボスケ



「モラタの不調?彼はユベントスに加入して多くの試合に出場する事で復調したと思う。現状昨シーズンほど多くの試合には出場出来ていないね。それがモラタに影響を与えているか?そうだね。そう思うよ。」

モラタの出場機会が減少した事がモラタの不調の原因なんですかね。
私は最近の相手チームの守備を観るにモラタのプレーが対策されているように感じます。
縦にドリブルを仕掛けるスピード自慢のタイプは一時期大活躍しても、セリエAでは直ぐに対策されてしまいますよね。
昨シーズン大活躍したフェリペアンデルソンが苦しんでいるのも同じ理由かなと思います。
コメント
非公開コメント

No title

プレッシャー感じてて無茶な仕掛けが多くなってるだけですよ
モラタはゴール前でボールもらってゴール決めてた選手です
PA内に入ってボール待つようになれば普通にゴール取れるようになりますよ
今期はゴール前からいなくなりすぎというか全然いません
そしてゴール取れないもんだからゴールに突進したくて無茶するんです
FWの仕事は忍耐です
ボールこなくても何度でもゴール前に突っ込むのがFWの役目です
モラタはいろいろ出来る分そこ疎かになりすぎてます

2016-01-28 15:09 | from あいる

Re: No title

> プレッシャー感じてて無茶な仕掛けが多くなってるだけですよ
> モラタはゴール前でボールもらってゴール決めてた選手です
> PA内に入ってボール待つようになれば普通にゴール取れるようになりますよ
> 今期はゴール前からいなくなりすぎというか全然いません
> そしてゴール取れないもんだからゴールに突進したくて無茶するんです
> FWの仕事は忍耐です
> ボールこなくても何度でもゴール前に突っ込むのがFWの役目です
> モラタはいろいろ出来る分そこ疎かになりすぎてます


確かに今シーズンモラタには多くの役割を与えられていると感じますね。
昨シーズンの基本フォーメーションは4312であり、セカンドトップとしての役割もテベスが担っていましたが、現在はディバラがいない時モラタがその役割を任されてる印象です。
その分選手としての能力はモラタの方が高いのですが、迷いがないザザやマンジュキッチが活躍しているのかなと。
カウンター時のピルロの配球がなくなったのもモラタにとっては痛いかも知らませんね。
序盤戦は慣れないWGを任されてたりもしてましましたが、私も基本的にはモラタはCFの選手だと考えています。
フォーメーションの変化で昨シーズンに比べて複雑な仕事をしているモラタですが、私はモラタの才能を考えると一つの事しかできないFWにはなって欲しくないとも感じますね。
現代のCFには多くのタスクをこなせる選手が求めらており、そうなれる選手は一握りですが私はモラタにはその才能があると思います。
現在は苦しい時期を過ごしていますが、乗り越えて欲しいですね。

2016-01-28 18:44 | from takenouchihirosi