イタリア4部からイタリア王者へ、アレッシオ・ディ・ マッシモは何処まで行くのか? - ユベントスブログ -The Strongest Juve-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア4部からイタリア王者へ、アレッシオ・ディ・ マッシモは何処まで行くのか?



ユベントスがセリエDからアレッシオ・ディ・マッシモの獲得を決めた。1996年7月5日生まれのイタリア人FW。獲得にかかった費用はおよそ10万ユーロだ。

国内外問わず、多くの才能に目を光らせる王者ユベントスのスカウトマンが、この青年を視察したのはたったの2回だ。この青年の才能を理解するにはそれだけで十分だった。

同FWの獲得を考えたユベントスは直様他クラブの接触をブロック。あっという間に獲得を決めた。
ディ・マッシモはユベントスが自身の獲得を望んでいると聞いた時、嬉しさのあまり涙を流したという。

過去にもユベントスがセリエDから獲得した選手が大活躍したという事例は存在する。1992年にユベントスが獲得したトリチェッリは、家具職人をしながらセリエDのアマチュアリーグに所属する選手だったが、ユベントスへ移籍すると、トラパットーニやリッピなどイタリアの名だたる知将から信頼を集め、ワールドカップメンバーに名を連ねる選手にまで登り詰めた。

人生の転機はいつ訪れるかは誰にも分からない。たった一回の怪我、たった一本のスーパーゴールが選手のキャリアを大きく左右する事も十分にあり得る。シンデレラストーリーを歩み続けるアレッシオ・ディ・マッシモ。この青年は一体何処まで行くのか。それを知るものはまだ誰もいない。

コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。