進化し続けるユベントスの両翼、マロッタ就任から現在 - ユベントスブログ -The Strongest Juve-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化し続けるユベントスの両翼、マロッタ就任から現在


モッタ、エスティガリビア、ホルヘマルティネス、デ・チェーリエ・・・
スタメンは割と使える選手もいた気がしますが、控え選手の能力が壊滅的に酷かったのを覚えています。
この選手層でスクデット獲ったコンテさんはやっぱり名将ですね。
これが今やエブラ、サンドロ、アサモア、リヒトシュタイナー、クアドラード。
なんかここ数年でとんでもない進化を遂げているような気がします。層が薄いと言われ続けていたWBですが、一応毎年補強しているんですね。


こうして見ると2010年の補強が特に酷いのが分かると思いますが、後にパラティッチさんがこのシーズンで大失敗して以降、選手を獲得する際の評価基準を変更したとインタビューで語っていました。
この失敗というのはホルヘマルティネスを指しているのですが、
「チームが彼の獲得を検討した時、その才能を誰もが確信していたが結果は無残ものだった。」とコメントしていましたね。
ですが、その後は失敗補強が激減し、大当たりをバンバン引いています。
思えば、ここがユベントス躍進の一つのターニングポイントだったのかも。
この失敗があったからこそ今があると考えると、安い授業料だったのかもしれませんね。
コメント
非公開コメント

No title

はじめまして。
細かいことなのですが、「一様」ではなく「一応」だと思います。
「一様」だとまったくもって意味が違います。

2016-02-07 13:20 | from Edy | Edit

No title

何度もすみません。
どのシーズンも同じようにという意味であれば、「一様に」というふうに送り仮名が必要ですね。
失礼しました。

2016-02-07 13:26 | from Edy | Edit

チームが強くなって、スタジアムも新しくなって
トッププレイヤーを呼び込める環境が整った事が大きいと思います
2010年頃だとセリエ自体が競争力を失っていた事もあり
本当に欲しい選手は軒並み国外のクラブに持って行かれた印象ですね
スカウティングにも問題はあったのでしょうが、そもそもクラシッチやエリア以外の選択肢は
それほど多く残されていなかったと思います

2016-02-07 13:59 | from コッポラ | Edit

Re: No title

> 何度もすみません。
> どのシーズンも同じようにという意味であれば、「一様に」というふうに送り仮名が必要ですね。
> 失礼しました。

全くもって気づきませんでした!
Edyさんご指摘ありがとございます。m(_ _)m
この様な誤字の指摘は大変助かります。
文章力の低さから私の国語力はお察しの事かもしれませんが、これからも小学生レベルの稚拙なミスを連発すると思います。
その時はどうぞ遠慮なくご指摘頂ければと思います。

2016-02-07 17:36 | from takenouchihirosi

Re: タイトルなし

> チームが強くなって、スタジアムも新しくなって
> トッププレイヤーを呼び込める環境が整った事が大きいと思います
> 2010年頃だとセリエ自体が競争力を失っていた事もあり
> 本当に欲しい選手は軒並み国外のクラブに持って行かれた印象ですね
> スカウティングにも問題はあったのでしょうが、そもそもクラシッチやエリア以外の選択肢は
> それほど多く残されていなかったと思います

そうですね!シャビ・アロンソやダビド・シルバなど欲しい選手は沢山いましたね。
マロッタさんもインタビューで当時はユベントスに来たがる選手が少なく補強が今以上に難しかったと語っていました。
決して盲信しているわけではありませんが、私は今のフロントの能力は間違いないと思っています。
今の成功はコッポラさんが仰る通り色々な要因が絡み合った結果でしょうね。
これからスタジアム周辺のインフラが整えば、さらに素晴らしい未来が待っていると思います!

2016-02-07 17:54 | from takenouchihirosi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。